PAGE TOP

バストアップサプリの恐ろしい副作用!エストロゲン過剰摂取は乳がんの原因って知ってる?

バストアップサプリが若い女性に人気です。確かに手軽に胸が大きくなるなら魅力的な女性になれて良いですよね?でもバストアップサプリの多くは、女性ホルモンと同等の成分を分泌させてエストロゲンをアップさせると言うものです。つまりホルモンバランスを無理やり壊していると言う状態。これが乳がんの原因と言われています
TOPPAGE > 胸の小ささに悩む女性なら、一度はバストアップを行

胸の小ささに悩む女性なら、一度はバストアップを行

胸の小ささに悩む女性なら、一度はバストアップを行おうとした事はあるでしょう。ひとしきり努力を続けてみたけれど、バストが大きくならないので、貧乳は親譲りだからと諦めた人の多いかもしれません。ところが、胸の小さい原因は遺伝ではなく、生活習慣であることが多いのです。毎日の悪習慣を見直せば、バストアップにつながることもあります。
大豆製品を積極的に食べることによって、育乳効果の高いイソフラボンを摂り入れることが出来ます。栄養バランスが偏らないように考慮しながら、積極的に摂るようにするといいかもしれません。



ただし、食べ物のみによってバストアップさせるのは、効果を感じとれるまでに長くかかるでしょう。
胸を大きくするには鶏肉を食べるのが効果的だといわれています。
これはチキンに胸の大きさをアップさせるのに不可欠なタンパク質がたくさん入っているからです。そして、タンパク質を食べないと筋肉を良い状態にしておけないので、胸が垂れてしまいます。そのため、胸を大きくしたいのであれば、鶏肉をとにかくできるだけ食すようにしてください。

実際、湯船に浸かることで体を温めて血の巡りがよくなったところで、バストアップ効果が期待できるマッサージをすれば、一段と効果が期待できるでしょう。それに加え、湯船に入って体を温めることによって、睡眠のクオリティも良くなり、胸を大きくするために必要不可欠な成長ホルモンが多く分泌されます。
胸を成長させたいのなら必ず湯船に浸かるようにしてください。ボロンは熱に弱いので、熱により破損します。大きな胸のためにキャベツを口にするのであれば、熱せずそのまま生で食してください。


また、キャベツのだけでなくレタスやリンゴ、レーズンアーモンドなどの食材にもボロンがありますから、チャレンジしてみるのもいいかもしれません。育乳するためには食事も大切になります。おっぱいを大きくするための栄養素が不十分だったら、胸は大きくすることはできません。間違っても無理な食事制限などはしないようにして、バランスのとれた食事を心掛けましょう。胸が豊かになるといわれている食べ物をたくさん食べるのもオススメです。
自宅でお金をたくさん使わなくとも、バストアップのためにやれることはいろんなやり方があります。
まず第一に、睡眠の見直しです。睡眠時間の不足はもってのほかといえますし、量、質についても考え直さなくてはいけません。
胸のサイズアップのためには成長ホルモンの分泌が欠かせない重要なことですので、22時から2時の間にはしっかりと眠っているというのを目標にしてみてください。


正しくブラをつけるとバストがアップするのかというと、アップの可能性があるのです。
バストは要は脂肪ですから、正しい方法でブラジャーをつけていなければ、お腹や背中に流れてしまうでしょう。逆に、正しい方法でブラをつける効果で、お腹や背中部分の脂肪をバストにできるのです。



バストアップの方法を考えると、豊胸エステという選択もあります。バストアップのコースを受けることで、美しいバストを手に入れられるでしょう。続けて通うことで、徐々に胸が大きくなることもあります。けれど、お金が必要ですし、当然、整形とは違っていて、努力やケアを怠ると、せっかく大きくなったバストは元に戻ってしまいます。


大きな胸に憧れている女性は、かっさに挑戦してみてはいかがでしょうか。



かっさは、石で出来たプレートを使って、ツボを刺激しつつ、マッサージをする中国でポピュラーなマッサージ法です。かっさマッサージを行うと、血の流れがスムーズになり、代謝がよくなります。

豊胸に効果があるといわれており、今よりも胸を大きくしたいという女性に話題になっています。おっぱいを大きくするには、キャベツを食べることが効果的という説があるのです。このキャベツ自体にボロンという栄養素が入っていて、この栄養素は女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促す働きがあります。とはいっても、ボロンの一日の摂取量で理想とされるのは、キャベツ1玉分とも言われていますので、サプリなどと併用するのが望ましいです。女性ホルモンの分泌を促進するだん中と乳腺の発育を助ける天渓というツボにエレキバンを貼ることにより刺激され、胸が大きくなるとされています。

そのほか、胸部の血流が改善するということも、バストアップ効果があるといわれる理由です。いずれにしても、1度では無効なので、しばらくは続けてみると良いでしょう。きちんとブラジャーをはめればバストが上をむくのかというと、バストアップができるかもしれません。胸というのは脂肪でありますので、正確な方法でブラジャーを装着しないと、腹や背中にいってしまう可能性があります。それとは別に、正確な方法でブラジャーを装着することで、腹部や背中の脂肪分をバストにすることができます。



おっぱいと肩甲骨の双方は、深く関係しているというようなことがよく言われます。歪みのある肩甲骨だと血液循環が悪くなり、十分な栄養を胸まで行き渡らせることができません。それでは胸の発育を邪魔する原因となるので、肩甲骨の状態を正しく改善して血の流れを良くしましょう。さらに、肩の凝りや冷え性といった原因にもなります。

豊胸手術ではメスを体に入れたり、注射針を体に刺すので、感染症が起こる危険もあります。

確率はとても低いものですが、どれほど注意して衛生管理をしていたとしても、必ず大丈夫とは言い切れません。また、プロテーゼやヒアルロン酸を使用する際でも、後遺症が起こる可能性があります。完全に安全でバレない豊胸方法は残念ながらありません。